18467
こちらは交流用掲示板です。
句会や吟行に誘いたい方・参加したい方は「吟行・句会案内」をご覧ください。
俳号・住所変更、書籍の注文、会費の連絡など、事務連絡は従来どおり事務局へ直接ご連絡下さい。
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

アマリリス - 下泉紬

2017/04/11 (Tue) 14:19:39

昨年秋、大会でいただいたアマリリスが咲きました。次々に開いてくるようで楽しみです。

Re: アマリリス 奥出 あけみ。

2017/04/11 (Tue) 17:39:58

もう咲きましたか、早いですね
此方、3ん年目、ですが、やっと葉が伸びだした、状態です、当分咲きそうにありません、うらやましいです。

Re: アマリリス - 百目鬼強

2017/04/11 (Tue) 23:01:47

アマリリス、咲いてよかったですね。
赤色のは素敵ですね。
僕の家のは枯れてしまいました。残念です。

Re: アマリリス - 石井みや

2017/04/13 (Thu) 22:17:59

うちのも咲きました。3月初めから咲き始め、23日には4輪が揃って咲いて華やかでした。今は7本の緑輝く葉が育ってきました(アマリリスに紛れているのが、受賞本人の鐐二です)

関西句会4月例会 踏青

2017/04/11 (Tue) 16:00:02

関西句会は4月9日(日)に神戸市と明石市との境にある須磨浦公園を吟行しました。ここは源平が激しく戦った一の谷の古戦場であり、義経の鵯越の逆落としの場であり、平敦盛や平忠度が討たれたところです。目の前は明石海峡、淡路島が目前です。折しも桜は満開でした。
当日人気のあった句の一部を紹介いたします。

亀鳴くや失ふものは何もなし       素粒子
ケーブルのたぐり寄せたる木の芽山   明子
関守はいづくぞ須磨の桜餅        踏青
コンテナの長き列車や花曇        月海
ひとときを花下風と遊びけり       おとじ
寝ねし子の安けく抱かる花の中     なぎさ
子規虚子の句碑を囲みて囀れり     ちか
不覚にも万の階春の山          つくし
何事もなくて桜の揺らぎをり       帆波
釣りあげし鯛の目きらと花曇       強
須磨の浦ゆきてもどるは春袷      遊染
敦盛塚大き梵字に春驟雨        すずこ
海霞み小舟の空に浮くごとし       ゆうき
石段を上れば花の宿ぞ須磨       和子

5月は奈良公園の吟行です。

Re: 関西句会4月例会 - 百目鬼強 URL

2017/04/11 (Tue) 21:04:59

朝方は土砂降りだった雨も上がり、見事な満開の桜と美しい須磨の海が堪能できた1日でした。至らぬ句会幹事でしたが、遠路、足場が悪いにも関わらず、お越しいただき、たくさん印象に残る句を詠んでいただいて本当に嬉しかったです。

いちばんわかりやすい俳句歳時記kindle版 - 百目鬼強 URL

2017/04/03 (Mon) 23:55:02

いちばんわかりやすい俳句歳時記(KINDLE版)が発売されています。KINDLEはAMAZONが販売している電子書籍端末でこれが1台あれば、電子メディア化されている書籍が全国のどこにいてもネットからダウンロードして楽しむことが出来ます。僕が持っているのは、KINDLE FIRE HDというオールカラー表示が出来るバージョンで書籍からアプリ、ビデオが楽しめます。今回のいちばんわかりやすい歳時記の値段は、なんと972円(春夏版)なので紙媒体より安い。何よりも持ち運びが便利なのと、拡大が自由自在。凄く便利だと思います。皆様も使用されたらいかがですか。

関西句会3月例会 踏青

2017/03/13 (Mon) 00:14:30

関西句会の3月例会は、3月12日(日)に京都市伏見区深草にある石峰寺を吟行しました。このお寺は伊藤若冲が晩年の10年間を門前の庵で過ごし、彼がデザインした五百羅漢の石像が裏山に設置されております。すぐ近くは伏見稲荷神社です。外人の観光人気が凄くて、外人ばかりで初詣のような混雑でした。
東京から出前講師の舟まどひさんと東あふひさんが参加され、15名定員の部屋に20名とたいへん窮屈な楽しい句会となりました。
当日の人気のあった句の一部を紹介いたします。

笑みながら朽つ石仏や草青む         まどひ
麗かや卍字くづしの勾欄も          明子
つまづきは一度にあらず青き踏む       真菜
若冲の羅漢めぐるや春の泥          踏青
菜の花や羅漢に何を祈るらん         なぎさ
一隅を羅漢にあづけ春の山          おとじ
吾を見る羅漢五百や山笑ふ          こよみ
若冲は女ぎらひよ囀れり           つくし
巫女舞へるリズム二拍子のどけしや      ちか
春寒や美人顔なる狛狐            ゆうき
春愁や五百羅漢を巡りては          月海
春日射す大きあうらや石の釈迦        美也子
連なりし先は朧や朱の鳥居          あふひ
若冲の石仏にこと竹の秋           遊染
暖かき木漏れ日集め羅漢群          すずこ
永日や釈迦牟尼仏のやせ細り         強
右手上ぐ小さき野仏いぬふぐり        帆波
囀や五百羅漢の静けきに           和子
振り向かず階段降りて鳥帰る         奈々
青き踏む羅漢に自分の顔あると        羽衣

Re: 関西句会3月例会 - 如月真菜

2017/03/18 (Sat) 17:55:24

今月は大勢の出席で大変でしたね。担当の遊染さん、踏青さんはじめ皆様ありがとうございました。とても楽しかったです。
またよろしくお願いいたします。

関西句会2月例会 踏青

2017/02/13 (Mon) 15:03:31

関西句会は、2月12日(日)春の雪が激しく降ったり、真冬のような寒さの神戸を吟行しました。それぞれが好きなところを吟行したので、いろいろな俳句が出ました。当日人気のあった句の一部を紹介いたします。来月は深草吟行です。

春の鵙淋しく鳴いて驚きぬ          素粒子
淡路島けふ霞みゐて菜の花忌        明子
鈍色に鎮もる海や建国日           踏青
六甲にうらとおもてや春の雪         おとじ
春の波見ゆるところに座りおり        帆波
おおおいと呼びかけたきや春の雲      ちか
冴返る旧居留地の石畳            月海
下萌を踏みていつもの稽古会         なぎさ
春雪の音聞きたしと夜更かしす        遊染
冴返る指へショコラの匂ふ息         つくし
東風吹くや湯立ての湯気の流れ消ゆ     強
折紙の美しき和柄や夜半の春         こよみ

Re: 関西句会2月例会 - 百目鬼強

2017/02/23 (Thu) 21:00:12

久しぶりに句会に参加させていただき、楽しいひとときを過ごさせていただきました。

特に気に入った句は、明子さんの
  淡路島けふ霞みゐて菜の花忌
でした。当日の風景が目に浮かぶようですね。こよみさんの
  折紙の美しき和柄や夜半の春
は、「夜半の春」と「折紙」の取り合わせが美しかったと思います。

Re: 関西句会2月例会 - 如月真菜

2017/03/01 (Wed) 20:04:20

三月の吟行にはお邪魔する予定です。
出前句会もいらっしゃるようですね。よろしくお願いいたします。

2017年版「童子年鑑」の申し込みについて - タロー

2017/02/10 (Fri) 19:07:00

手違いにより「童子」2月号巻末に「童子年鑑」用の原稿用紙がついておりませんでした。
童子でメールがわかっている方には、メール用のフォーマットをお送りしております。
メールを使用していない方は、どなたかに出力して頂いて原稿とするか、市販の原稿用紙などを使用してもかまいません。
なお、次号の「童子」3月号の巻末に原稿用紙を差し込みます。締切は3/20です。

申込方法などは去年と同じですので、お手数ですが2016/02号を参照してください。
とりあえずお知らせしておきます。

お手数をお掛けいたしますが、よろしくお願いおたします。

関西句会1月例会 踏青

2017/01/17 (Tue) 23:39:30

関西句会の1月例会は、1月8日(日)に大阪市南部にある住吉大社を吟行しました。
冷たい寒の雨の降る中で、名物の太鼓橋は濡れて滑るので、高齢者には危険でした。
参加者が15名と多数になって賑やかな句会となりました。
当日の主宰特選句および人気のあった句の一部を紹介いたします。

主宰吟
切長の神馬の目なり初詣         桃子
住吉のまづ鴨見ては御慶かな       〃

住吉の御田の土の寒さかな        素粒子
住吉の杜に生れてや初鴉         明子
色白の居合の徒たり初稽古        真菜
初詣太鼓橋てふ難所あり         踏青
冬枯や駅の名にある浜名残        つくし
初風やかつて海へと太鼓橋        和子
寒の雨住吉つさんに降りにけり      おとじ
反橋の下りけはしや初詣         なぎさ
神の田の案山子濡らすや寒の雨      ちか
初みくじ二人何やらくすくすと      月海
コート着てどつと入るや神楽殿      こよみ
住之江を行く連衆の淑気かな       帆波
去年今年転ばぬように願かけて      フラン
松葉乗せぬつと浮き来ぬ寒の鯉      すずこ
やはらかに市電発つ駅冬の雨       ゆうき

あけましておめでとうございます。 - 如月真菜

2017/01/05 (Thu) 10:08:12

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
今年は童子三十周年、私も秋の東京での大会に向けて頑張ります。また句会でお目にかかりましょう。

関西句会 - 如月真菜

2016/12/12 (Mon) 20:38:51

昨日は久しぶりに関西句会に出席しました。
新しく入会された奈々さんをお連れしましたが、とても楽しかったとのことです!私も春からは末っ子も幼稚園ですので、たくさん句会に出席できるかと思いますのでまたよろしくお願いいたします。
まずは一月の住吉大社か、二月の神戸に出席が目標です!

Re: 関西句会 - 百目鬼強

2016/12/14 (Wed) 00:05:50

せっかく真菜さんが参加されていたのに、足の骨折が悪くなって参加出来ずに残念でした。
大学の冬期講習も骨折で出られず、卒業がまた半年延びました。
来年、句会でお目にかかるのを愉しみにしております。足は骨折の治療が遅れた為に、手術をしなければならないかもしれないので、不安でなりません。

Re: 関西句会 - 如月真菜

2016/12/20 (Tue) 15:56:40

骨折は特に冬は大変ですよね。年末年始、ゆっくりして治してくださいね。ちびっこたちがインフルエンザなどにかからなければ、一月の住吉にはお邪魔します。
来年もよろしくお願いいたします。

Re: 関西句会 - 百目鬼強

2016/12/23 (Fri) 12:01:55

ありがとうございます。
1月の句会には参加出来たらいいなあ。
皆様のご家族が健康でよい年を迎えることが出来ますように。

関西句会12月例会 踏青

2016/12/22 (Thu) 23:59:21

関西句会は12月11日(日)に師走の神戸を吟行しました。真菜さんと友人の奈々さんも加わって、賑やか句会となりました。
当日の主宰特選句および人気のあった句の一部を紹介致します。
1月は住吉大社の吟行です。

主宰吟
行く年や岩木嶺に立つ雪けむり         桃子
白白と雪嶺の上や朝の月            〃
雪晴の馬具屋の前でころびけり         〃
この路地が好きで曲りて十二月         〃

今日からは寒鯉となり動かざる         素粒子
吹き溜る落葉のかさや北野坂          明子
毒舌もお褒めも欲しや納め句座         踏青
残る霜木立の影の形して             月海
行く年の南京町の匂ひかな            帆波
チャーハンにレタスがシャキと年詰る      真菜
踏まれずに落ちあり黒き手袋が         つくし
冬霧のあはねばならぬ人に逢ひ         おとじ
着ぶくれや中華街とは異国めく          ちか
裘南京町を横切れる                なぎさ
ビルヂングてふビルに入る冬日かな       ゆうき
焼芋やへつついさんの灰の中          すずこ
鶏の大津絵掛けて年用意             奈々


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.